20代の若ハゲは克服できるのか?若ハゲが治る確率を調べてみた結果

若ハゲ 治る確率

ある程度の年齢でハゲてしまっても、それなりに諦めはつきますが、20代でハゲてしまってはかなりのショックです。

女性にモテたいと思うし、かっこいい髪型もバッチリとキメたいでしょう。見た目へのコンプレックスから、自信喪失に陥る人も少なくありません。

しかし、令和の今、20代でハゲてる人は恵まれています。なぜなら、昔と違って現代はハゲを改善する方法がたくさんあるからです。

ここでは若ハゲの治る確率や、若ハゲの原因について詳しく解説するとともに、20代の早い段階からやるべきハゲ対策を紹介していきます。

\\20代の若ハゲには30日間全額返金保証の育毛剤//

20代の若ハゲは克服できるのか?若ハゲが治る確率を調べてみた!

ハゲ 気になる 30代

現在、日本では成人男性の3人に1人がハゲに悩んでいると言われています。その中でも20代のハゲ、いわゆる「若ハゲ」の悩みは深刻です。

まだ結婚してる人も少ないと思いますので、女の子にもモテたいでしょうし、カッコいいヘアースタイルもキメたいでしょう。周りに同じように若ハゲの人がいなければ、悩みを共有できる環境もなく、ストレスがどんどん溜まっていきます。

実際のところ、若ハゲは治るのか、若ハゲが治る確率はどのくらいなのでしょうか?ここでは若ハゲが治る確率について見ていきます。

参考 「薄毛に関する意識調査2018」結果発表リクルートライフスタイル

20代の若ハゲが治る確率はどのくらいなの?

いったいどの程度の確率で若ハゲが改善するのでしょうか。

令和の今、育毛剤や治療技術は格段に進化しています。正しい知識を身につけて、適切な対策をすることで、ハゲを改善できる確率は高くなります。

また若いうちは回復できる可能性が高いので、20代であれば、ハゲが分からないレベルまで回復できる可能性も十分にあるわけです。

注意
勿論、ハゲの進行状況によっては時間がかかったり、最悪治らない場合もあります。

20代の若ハゲを手軽に改善するにはコレを試してみるしかない!

ハゲ対策 育毛シャンプー

20代の若ハゲは、40代以降でAGAになる人と比べてAGAの進行スピードが速いと言われています。

若くて健康的な肉体なので、AGAが発症してしまえば、ハゲも加速していきます。ただ、反対に若ハゲは40代以降と比べて治療による回復スピードも速いです。

AGAを治療する方法は、現時点ではクリニックに通い治療薬の服用が最も効果的です。

このクリニックによる治療のデメリットは、診察代やさらには交通費なども、かかってくることです。

20代の若者にとってはかなりの出費になりますし、通院も仕事の合間をぬって出かけることになり、時間も制限されてきます。

そこで手軽に自宅でできる対策としては、育毛剤の使用です。

成分も治療薬に似た効果が期待できるものが出ていますので、育毛剤を使ってみるのもオススメですね。

\\20代の若ハゲに効果のある育毛剤//

逆に20代ではげる確率ってどれくらいなの?

20代 ハゲ

20代のハゲは「若ハゲ」と言われて、存在としては少数派と言えるでしょう。

周りを見て「みんな髪がフサフサで羨ましいなぁ」と思いがちですが、そもそも日本人男性のハゲの割合って、いったいどのくらいなのでしょうか?

成人男性の3人に1人は薄毛!!

生え際 後退 どのくらい

日本の成人男性の数は30代以上も含めておよそ4,200万人です。その内ハゲで悩む人はおよそ3人に1人と言われていて、約1,260万人がハゲで悩んでいるのです。

そう考えるとハゲで悩んでいる人は決して少数派ではないのですね。

早い人は20代前半から薄毛になる可能性も!!

よく言われる、一般的に頭が薄くなる時期は、40代頃でしょうか。しかし、20代の前半で、頭部のはげが目立つ人もいます。

なぜ若い時期にハゲてしまうのか?若ハゲはどのくらいの割合でなるのかについて、次で詳しく解説します。

20代からハゲてきた!若ハゲの原因とは

ハゲ 原因

若ハゲになってしまう特にメジャーな3つの原因を見ていきましょう。

若ハゲの原因1:AGA(男性型脱毛症)

男性の頭部がハゲてしまう原因として最も多いのがAGA(男性型脱毛症)です。男性の薄毛原因のほとんどを占めていますね。

AGAとは、男性ホルモンのテストステロンが、還元酵素である5α-リダクターゼと結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)を生成します。

このDHTが髪の毛のヘアサイクルを狂わせ、十分に成長しないまま抜け落ちてしまうことになります。

ヘアサイクル
髪の毛は「休止期」→「成長期」→「退行期」をいうサイクルを繰り返すようになっています。成長期は2年~6年あり、その期間に髪の毛は太く、長く成長します。

参考:AGA-News(髪の毛ってなに?)

AGAが発症してしまうとこの成長期が数ヶ月~1年と極端に短くなるのです。その結果、髪の毛は十分に成長しない状態で脱毛してしまうのです。

若ハゲの原因2:遺伝

若ハゲ 遺伝
画像引用:カズ博多クリニック

「ハゲは遺伝する」というのは昔から言われていました。

今ではその根拠も科学的に証明されて、ハゲに影響する、通称「はげ遺伝子」と呼ばれる存在も確認されています。

はげ遺伝子は主に二つあり、

  • アンドロゲン受容体(男性ホルモン)
  • 酵素「5α-リダクターゼ」

です。

まずアンドロゲン受容体についてですが、ハゲになる人とそうでない人では、X染色体にあるアンドロゲン受容体が大きく違います。ハゲやすいアンドロゲン受容体を遺伝している人はハゲになる確率が高いということになります。

次に5α-リダクターゼですが、ご存じの方も多いと思いますが、AGAの原因物質であるDHTを、テストステロンと結びついて生成する還元酵素です。5α-リダクターゼの働きが活発であればそれだけDHTを生成してしまいます。この5α-リダクターゼも遺伝すると言われています。

若くしてハゲてしまう人は、特にハゲになりやすいはげ遺伝子を遺伝していると考えられます。

なお、はげ遺伝子は母親から遺伝するとされています。つまり、母方の祖父がハゲだと、自分もハゲになる可能性が高いと言えます。

若ハゲの原因3:生活習慣

生活習慣の乱れも若ハゲの原因になります。特に気を付けないといけないのは「喫煙」「ストレス」「食生活」「睡眠不足」です。

タバコとストレスは血管が収縮し血流が悪くなる原因になります。その結果、髪の成長に必要な栄養素が毛乳頭まで届けられず、ハゲを招くのです。

若ハゲ 食生活

食生活ですが、外食ばかりで済ませている人は特に注意が必要です。外食は脂質の多いメニューが多いので、頭皮の皮脂が過剰分泌を起こします。その結果毛穴がつまり、髪の成長を妨げ、髪の毛が細くなってしまいます。

また、髪の毛も筋肉などと同じで、成長には栄養が必要になります。髪の毛の成長に必要な3大栄養素は「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン類」です。

食事の際はこれらの栄養素を意識して摂リ入れるように心がけましょう。

最後に睡眠不足ですが、髪の毛の成長は睡眠中に行われます。特に成長ホルモンが多く分泌される時間は22時~深夜2時の時間帯だと言われています。

夜更かしなどせずに早寝早起きを心がけましょう。

【まだ間に合う】20代で若ハゲになってしまったらやるべき5つの対策

ハゲが目立つのは40代頃が多いと言われている中で、20代で若ハゲになってしまったという場合には、これから紹介するやるべき5つの対策を実践しましょう。

若ハゲ対策1:AGA専門クリニックで治療をする

AGA専門クリニックは、その名の通りAGAの治療を行ってくれる病院です。治療薬の処方がメインです。

一昔前はハゲの原因が解明されていなくて、育毛サロンなどに高いお金を払い、結果は効果がなくひどい状態でした。しかし、最近は薄毛の原因はDHTであることが科学的に解明され、ハゲをほぼ確実に治療する飲み薬が販売されています。

その薬とは、フィナステリド(プロペシア)ミノキシジルです。

これらの薬を使った治療により、100%に近い確率でハゲは治療することが出来ます。

若ハゲ対策2:髪に良い食生活を心がける

髪の毛の成長に必要な栄養素は「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン類」です。

食事の際はこれらの栄養素を意識的に摂取し、髪に良い食生活を心がけましょう。

髪の毛の成長に必要な3つの栄養素を摂取できる食事の一例を紹介しましょう。

タンパク質が多く含まれる食事

納豆、レバーなどはタンパク質を多く含みます。特に納豆は手軽に食べることができ、十分なタンパク質を摂取できるのでオススメです。

亜鉛が多く含まれる食事

亜鉛を摂るには、なんといっても生牡蠣がオススメです。その他には豚肉のレバー、ナッツ類、いわし、高野豆腐なども亜鉛を多く含むのでオススメですね。

ビタミンが多く含まれる食事

カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜はビタミンが豊富に含まれています。また、摂取しにくいビタミンCを摂るには柑橘類やじゃがいも、焼きのりがオススメです。

抜け毛を減らす食べ物なんてある?コレ食べてれば抜け毛の心配はゼロ

若ハゲ対策3:タバコは吸わない

喫煙は本来髪に行くはずの栄養を消費してしまい、血管収縮を促してしまうので、若ハゲの原因のひとつになります。

若ハゲ対策4:生活習慣を改める

髪の毛の成長は眠っている間に行われます。特に成長ホルモンが多く分泌される時間帯は22時~深夜2時の間だと言われています。

だらだらと夜遅くまて起きているのは控え、早寝早起きを心がけましょう。

また、適度に体を動かすことは血行を良くする効果があります。ジョギングやウォーキングなど、定期的な運動を心がけましょう。

若ハゲ対策5:ストレスを溜めない、発散する

ストレスを溜め込んでしまうと常に緊張状態になり、副交感神経に切り替わりにくくなります。その結果血行不良を招いて、髪の成長を阻害します。

若い時期は慣れない仕事でストレスをためることも多いですが、自分にあったストレス解消法を見つけて、ストレスを貯めないようにしましょう。

まとめ:20代の若ハゲは克服できるのか?若ハゲが治る確率を調べてみた結果

若ハゲの治る確率を上げるためにも20代からの若ハゲは早い段階から正しい対策をしていけば、改善できるということが分かりました。

ですがAGA治療は高額になるため、手軽な育毛剤を利用し若ハゲの対策をしていくのが一番いい方法です。

  • 若ハゲの原因のほとんどがAGA(男性型脱毛症)である
  • はげ遺伝子というものが存在し、母方の祖父からハゲは遺伝する
  • 喫煙、ストレス、睡眠不足といった生活習慣も若ハゲの原因となる
  • 若ハゲを放置すると早ければ40歳くらいでヘアサイクルが終了し完全なハゲになる
  • 20代はAGAの進行スピードが速いが、治療の改善速度も速い
  • 手軽な対策として育毛剤の使用をオススメ
高濃度リデンシル配合!育毛剤【プランテルEX】
プランテルEX
薬用プランテルEXは、話題の『リデンシル』がなんと5%(業界最高クラス!)も高濃度配合された育毛剤です。製薬会社×毛髪診断士×スカルプケアサロン×育毛剤メーカーなど髪のプロフェッショナルの共同開発により、成分バランスが抜群で現在品薄状態になるほどの大人気育毛剤です。当サイトでも口コミ人気、売れ筋No.1のイチオシ育毛剤です!

公式サイトを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です